青い目が見た「大琉球」 : Great Lewchew discovered : 19th century Ryukyu in western art and illustration

書誌事項

青い目が見た「大琉球」 : Great Lewchew discovered : 19th century Ryukyu in western art and illustration

ラブ・オーシュリ, 上原正稔編著

ニライ社 , 新日本教育図書 (発売), 1987.8

タイトル別名

青い目が見た大琉球 : Great Lewchew discovered : 19th century Ryukyu in western art and illustration

タイトル読み

アオイ メ ガ ミタ ダイリュウキュウ : Great Lewchew discovered : 19th century Ryukyu in western art and illustration

大学図書館所蔵 件 / 68

注記

監修: 照屋善彦

出典目録, 絵画資料提供, 参考文献: p238-240

内容説明・目次

内容説明

本書は、18世紀末から19世紀中葉に至るまでの琉球王国末期に琉球を訪れたヨーロッパ人やアメリカ人などが記録した航海記、紀行文、報告書、個人の日記、新聞や雑誌等に載っている当時の琉球の社会と風土を描いた貴重な史料である。

目次

  • 不思議の楽園を発見した探検家たち
  • 押しよせる文明の荒波と守礼の邦
  • 琉球王国の終焉

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01343697
  • ISBN
    • 4880241067
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    那覇,下関
  • ページ数/冊数
    240p
  • 大きさ
    26×27cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ