書誌事項

パレスチナ : 現在と未来

パレスチナ・ユダヤ人問題研究会編

三一書房, 1985.3

タイトル読み

パレスチナ : ゲンザイ ト ミライ

大学図書館所蔵 件 / 72

この図書・雑誌をさがす

注記

座談会「『故郷喪失』」のその他の述者: 青野聰, 奴田原睦明, ファトヒ・アブドルハーミド

内容: 序: レバノン戦争とパレスチナ問題(本章のためのブックガイド(関場理一)), I: パレスチナ人のたどった道(本章のためのブックガイド(関場理一), 1「聖書とパレスチナ」-8「「レバノン和平」後の中東危機」), II: 占領と支配の構造(本章のためのブックガイド(関場理一), 1「被占領地の経済と政治」-3「イスラエルの経済危機」), III: 現状と未来(本章のためのブックガイド(関場理一), 1「『故郷喪失』」-5「どこをパレスチナと呼ぶか」), 付: パレスチナ・中東関係書籍一覧, 執筆者一覧, おわりに(パレスチナ・ユダヤ人問題研究会事務局)

パレスチナ・中東関係書籍一覧: p233-256

収録内容

  • レバノン戦争とパレスチナ問題 : この地域に紛争の種がまかれた経過 / 板垣雄三 [執筆]
  • 聖書とパレスチナ / 浅見定雄 [執筆]
  • パレスチナとユダヤ人移民 : 共同路線の崩壊と土地をめぐる対立 / 広河隆一 [執筆]
  • パレスチナ民族運動とイスラム / 臼杵陽 [執筆]
  • 欧米のパレスチナ分割 / 野田謙吉 [執筆]
  • パレスチナ解放運動の歴史的発展(一九三六~一九七〇) / 臼杵陽 [執筆]
  • PLO : 苦難の一二年間の軌跡 / 岡倉徹志 [執筆]
  • イスラエルのレバノン侵攻、ペルシャ湾情勢 / 岡倉徹志 [執筆]
  • 「レバノン和平」後の中東危機 / 岡倉徹志 [執筆]
  • 被占領地の経済と政治 / 清水学 [執筆]
  • イスラエル領内の「非ユダヤ人」 / 藤田進 [執筆]
  • イスラエルの経済危機 / 清水学 [執筆]
  • 『故郷喪失』 : 座談会 / 李恢成 [ほか述]
  • パレスチナ人の現在と未来 : 座談会 / 浅井信雄, 黒田寿郎, 奴田原睦明 [述] ; 臼杵陽司会
  • パレスチナ人にとっての国家と解放 / バカル・アブドルモネム [執筆]
  • パレスチナ国家樹立の経済的文化的基礎 / ナイーム・ハーダル [執筆]
  • どこをパレスチナと呼ぶか : パレスチナの地域的確定をめぐって / 浦野起央 [執筆]

詳細情報

ページトップへ