書誌事項

杉田玄白

片桐一男著

(人物叢書 / 日本歴史学会編集)

吉川弘文館, 1986.6

  • : 新装版

タイトル読み

スギタ ゲンパク

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

杉田玄白の肖像あり

略年譜: p386-406

主要参考文献: p407-412

内容説明・目次

内容説明

漢方医学一点張りの鎖国下の日本にあって,初めて西洋医学書を訳読,『解体新書』と銘打って公刊することに心血を注いで成功。日本の医学界の革新と純正な蘭学の確立を希求し、その発展に熱情を傾け通した玄白。日本人の心に生きつづける不朽の名著『蘭学事始』を遺した先覚者の本格的な伝記、新史料と精緻な考証を加えてはじめてなる。

目次

  • 第1 生いたち
  • 第2 修学
  • 第3 小浜藩医玄白
  • 第4 『ターヘル=アナトミア』との対決
  • 第5 『解体約図』出版
  • 第6 『解体新書』出版
  • 第7 蘭学者玄白の活躍
  • 第8 家学と蘭学の確立のために
  • 第9 家学と蘭学の維持・発展のために
  • 第10 老境の玄白
  • 第11 晩年のいとなみ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01651178
  • ISBN
    • 4642050434
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    16, 412p, 図版[4]p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ