宇野哲人先生白壽祝賀記念東洋學論叢

著者

書誌事項

宇野哲人先生白壽祝賀記念東洋學論叢

宇野哲人先生白壽祝賀記念會編集

宇野哲人先生白壽祝賀記念會, 1974.10

タイトル別名

東洋学論叢 : 宇野哲人先生白寿祝賀記念

タイトル読み

ウノ テツト センセイ ハクジュ シュクガ キネン トウヨウガク ロンソウ

大学図書館所蔵 件 / 84

この図書・雑誌をさがす

注記

宇野哲人先生白壽祝賀記念會代表: 加藤常賢

宇野哲人の肖像あり

宇野哲人先生年譜・著作目録: 巻頭p1-21

内容: 佐藤直方派の李退溪尊信 / 阿部吉雄. 宋代における華南官僚の系譜について : 特に揚子江下流域を中心として / 青山定雄. 中国古代の思想家たちの「一」の探究 / 赤塚忠. 詩書における天と人 / 穴澤辰雄. 莊子養生主篇本文整理私案 / 天野鎭雄. 杜詩「又呈呉郎」淺釋 / 荒井瑞雄. 宋儒陳瓘について : 北宋における一士人の精神生活 / 荒木見悟. 再び新民叢報と民報の論爭をめぐって / 有田和夫. 尚書洛誥解(上) / 池田末利. 荀子の政治思想 / 市川本太郎. 通書「動靜」章の注に見える朱晦庵の思考法 / 市川安司. 連山歸藏の二易について / 今井宇三郎. 孟子の歴史觀 / 宇野精一. ペリオ本敦煌出土唐寫毛詩釋文残卷私攷 / 内野熊一郎. 明末の肅州 / 榎一雄. 明代の社會經濟事情と士人の觀念形態 : 陳白沙のばあい / 大瀧一雄. 儒教の隆替について / 大槻信良. 貴老と賤老 / 大野峻

劉知幾論 / 大浜晧. 劉念臺と許敬菴 / 岡田武彦. 董仲舒の義利説について / 鎌田正. 論語に見える徳の諸相について / 木村英一. 細井平洲の「道説」について : 徂徠の「辨道」批判 / 鬼頭有一. 「外」など / 倉石武四郎. 小雅十月之交篇志疑 / 小嶋政雄. 馮琦溺論 : 明末容教士人のありかた / 後藤基巳. 王陽明の學問と事功の兩行について / 近藤康信. 王安石の「周南詩次解」について / 清水潔. 父は子の爲に隱し子は父の爲に隱す / 雫石鑛吉. 老子河上公本の成立 / 島邦男. 陸王二子の類同點と相違點について / 下斗米晟. 《論語》における虚詞の特徴 : 魯語か、雅言か / 鈴木直治. 伏羲六十四卦方位圖とライプニッツの二進法算術 / 鈴木由次郎. 張載の認識觀についての一考察 / 關正郎. 林述齋論 / 田中佩刀. 孔子評傳 / 田村輝雄. 東西交渉史の一旁證 / 高橋盛孝

中国の古代の音樂について / 瀧遼一. 闕里の碑文について : 新中國の孔子批判に關連して / 竹内照夫. 續仁齋初年の思想 : その朱子學脱却の過程について / 友枝龍太郎. 鮑照の「觀漏の賦」について / 中島千秋. 主宰神の排斥 : シャンカラのヒンズー諸派論難 / 中村元. 古逸叢書の信馮性について / 長澤規矩也. 漢代における數「五」の性格 / 新田大作. 『元朝秘史』における「古温」《人》という語について : 秘史蒙古語音再構の方法に關して / 服部四郎. 倫理と法との關係について : 古代中國における法の一端について / 服部武. 唐の律令上の課役なる語に關連して / 濱口重國. 今文孝經の經文成立について : 鄭注本より御注本への移動を中心として / 林秀一. 用人考 / 原田種成 ほか

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01661284
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    21, 8, 1339, 3, 2, 4p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ