書誌事項

女人天耕 : 瀬戸内の段々畑

神田三亀男著

(常民叢書, 19)

日本経済評論社, 1987.12

タイトル読み

ニョニン テンコウ : セトウチ ノ ダンダンバタケ

大学図書館所蔵 件 / 65

内容説明・目次

内容説明

瀬戸内のピラミッドと呼ばれる段々畑。色づくミカン、花咲く除虫菊の島は遠目には美しい。だが、水を運び、肥料を担ぎあげ、イモを食いながら、女性たちが命を刻みつけた過酷な島である。12人の老女が語る苦難の生活誌。

目次

  • 祖食が生んだ島の長寿(藤原カズエ)
  • 水不足の島に生きる(中田チエ子)
  • 食まで始末して買った段々畑(折本スギヱ)
  • 手で築いた段々畑(坂本ミサヨ)
  • 島の芋食いといわれ(水元チヨミ)
  • 段々畑に生きる運命(高ミサヨ)
  • 夫戦死のあと(村上君子)
  • 女手の渡り作(峯松タツノ)
  • 山頂に開く(加登スエミ)
  • 石で築いた段々畑(金子水恵)
  • 月明かりで開墾(木本ナツヱ)
  • 分家、無一物から(里田鈴子)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ