ウォーリス・バッジ伝 : 古代発掘の物語

書誌事項

ウォーリス・バッジ伝 : 古代発掘の物語

酒井伝六著

リブロポート, 1987.8

タイトル読み

ウォーリス バッジ デン : コダイ ハックツ ノ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 29

注記

文献:p403〜412 古代エジプト略年表:p418〜421

内容説明・目次

内容説明

これは、イギリスの卓越したアッシリア学者にしてエジプト学者であった人、大英博物館職員として同館の古代オリエント関係コレクションを世界一のものにするという類いのない貢献をした人、アッシリア学・エジプト学の啓蒙著述家として並ぶものなき質と量の書物を公にした人、サー・ウォーリス・バッジ(1857‐1934)の伝記である。

目次

  • 第1章 幼年時代 1857‐60
  • 第2章 オリエント 1860‐86
  • 第3章 初めてエジプトへ 1886‐87
  • 第4章 再びエジプトへ 1887
  • 第5章 初めてメソポタミアへ 1887‐88
  • 第6章 再びメソポタミアへ 1888‐89
  • 第7章 三たびメソポタミア 189ミアへ 1898章 ホルムズド・ラッサムとの紛争 1892‐93
  • 第9章 エジプト・アッシリア部長時代の前期 1894‐1913
  • 第10章 スーダン、戦争、退職 1897‐1924
  • 第11章 ブルームズベリ・ストリートの日々 1924‐34
  • 第12章 死のあとに

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01849812
  • ISBN
    • 4845702258
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    421p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ