書誌事項

語りの文学

清水茂著

筑摩書房, 1988.2

タイトル読み

カタリ ノ ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 88

内容説明・目次

内容説明

中国の賦、ギリシャの叙事詩、日本の語りものは、元来、盲目の予言者が語ったものだった。小説も寄席で語られ、戯曲は演じられた。中国の語りの文学の発展を跡づけ、『古今集』、漱石、荷風における漢文学の重さに説き及ぶ。

目次

  • 語りの文学—賦と叙事詩
  • 中国戯曲小説の発展
  • 『金瓶梅』における人間性
  • 対句とくりかえし—蘇軾「水調歌頭」「人有悲歓離合、月有陰晴円欠」の手法
  • 「茶酒論」釈
  • 茅盾『多角関係』の手法
  • 夏衍の『上海の屋根の下』
  • わたしが見た広東省のしばい
  • 詩歌における遊戯性—物名・誹諧歌の意義
  • 夏目漱石と漢文学
  • 永井荷風と漢文学
  • 日本漢文学史研究の2、3の問題
  • 小島憲之『上代日本文学と中国文学』(上)評
  • 川口久雄『平安朝日本漢文学史の研究』評

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01971725
  • ISBN
    • 4480835873
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    295p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ