Bibliographic Information

声の音楽

日本伝統音楽芸能研究会編

(邦楽百科入門シリーズカセットブック, . 日本の音 / 日本伝統音楽芸能研究会編||ニホン ノ オト ; 1-3)

音楽之友社, 1987.12-1988.2

  • 1
  • 1 : [付属資料]
  • 2
  • 2 : [付属資料]
  • 3
  • 3 : [付属資料]

Title Transcription

コエ ノ オンガク

Available at  / 90 libraries

Note

各巻に付属資料(録音カセット2巻 ホルダー入)有り

Description and Table of Contents

Volume

1 ISBN 9784276028012

Description

第1巻には、日本の声の音楽の中でも、比較的オリジナルに近い状態のものを特集した。音楽概念に基づく音の結晶を採り出す。マクロの視点から観察各ジャンルに共通するコンセプトを求めた。

Table of Contents

  • 序 日本音楽に親むには
  • 伝統音楽への新しいコンセプト
  • 声明の発生・変遷と現代的意義
  • 空海により中国から伝えられた真言声明の唄 散華
  • 中国から組織的に伝来した天台声明の唄 散華
  • 唐音で諷誦する黄檗の拝懴
  • 多彩な拍子の題目—妙法連蓮華経如来寿量品
  • 口誦によって伝えられた時宗の別時念仏
  • 数理問答《論義》の役割
  • 講式の子孫、謡曲《鵜飼》
  • 現代に生きる劇中歌謡《7つ子》
  • 曲舞の1派、幸若舞《和泉城》〔ほか〕
Volume

2 ISBN 9784276028029

Description

音を中心に、新しい視点から、さまざまな形態で伝承されてきた音楽を観察し、貴重なそれらの音楽財産がもつ今日での意味をさぐった。耳と目で確かめる日本の伝統音楽。

Table of Contents

  • 序 日本音楽に親しむには
  • 声の音楽、楽器の音楽
  • 庶民の間で育まれてきた音楽—第2巻を編集して
  • 広く親しまれる平曲の傑作《那須与一》
  • 当時の流行小歌を組合せた《葛の葉》
  • 古雅な趣きをとどめる箏組歌《明石》
  • 庶民感覚あふれる上方端歌《ぐち》
  • 京風手事物の代表作地歌《楫枕》
  • 語り物ふう作物《荒れ鼠》
  • 格調高い箏音楽《葵の上》
  • 絢爛たる舞踏《京鹿子娘道成寺》
  • 長唄屈指の名曲《綱館の段》〔ほか〕

by "BOOK database"

Related Books: 1-1 of 1

Details

  • NCID
    BN02094339
  • ISBN
    • 4276028019
    • 4276028027
    • 4276028035
  • Country Code
    ja
  • Title Language Code
    jpn
  • Text Language Code
    jpn
  • Place of Publication
    東京
  • Pages/Volumes
    3冊
  • Size
    22cm
  • Classification
  • Subject Headings
  • Parent Bibliography ID
Page Top