書誌事項

現代家族法

深谷松男著

青林書院, 1988.3

新版

タイトル読み

ゲンダイ カゾクホウ

大学図書館所蔵 件 / 98

内容説明・目次

内容説明

現代家族の急速な変化により、核家族化の進行、離婚の増加などさまざまな現象・問題が生じてきた。現代家族法学はその解決のため、どのような思想を背景とした政策により立法を行い、判例・法解釈はどのような努力を重ねているのか。本書は、思想と政策と法技術の交錯の中にある家族法を具体的なテーマにそって紹介する。特別養子制度・有責配偶者の離婚請求等、最新の法改正・判例の動向を織り込んだ新版。

目次

  • 序論 現代家族とその法的規制
  • 第1章 現代家族法の体系と原理
  • 第2章 法律婚主義の理想と現実—婚姻の成立と内縁
  • 第3章 夫婦の財産関係と両性の本質的平等—婚姻の効果と夫婦財産制
  • 第4章 離婚法の現代的課題
  • 第5章 嫡出子—血縁主義とその限界
  • 第6章 非嫡出子の保護
  • 第7章 養子制度の理念と実際
  • 第8章 子の保護と親の責任—親権と後見
  • 第9章 老親扶養法の現状と将来—親族扶養法
  • 第10章 法定相続主義と相続権の根拠—相続法序説
  • 第11章 相続人
  • 第12章 相続の効力と相続の承認・放棄
  • 第13章 共同相続と相続分
  • 第14章 遺産分割をめぐる諸問題
  • 第15章 遺言制度とその活用—遺留分を含む
  • 補論 家族の保護と家庭裁判所

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02132551
  • ISBN
    • 4417007195
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    11,292p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ