書誌事項

親族・相続法

川井健, 久貴忠彦編

(青林教科書シリーズ)

青林書院, 1988.2

タイトル別名

親族相続法

タイトル読み

シンゾク ソウゾク ホウ

大学図書館所蔵 件 / 92

内容説明・目次

内容説明

「新民法」と称される改正法が施行されて以来、早や40年を経過した。この間社会の変化は、家族の生活様式や生活意識に大きな影響を及ぼし、法解釈にも及んでいる。また学説・判例も世の中の変化を自覚的に受けとめながら序々に進展を示してきて、最高裁判例の変更も二,三にとどまらず出されている。基本的な解説を踏えながら、全体に調和のとれた最新の入門書!

目次

  • 第1編 親族(総則;婚姻;親子;親権;後見;扶養)
  • 第2編 相続(総則;相続の効力;相続の承認及び放棄;財産の分離;相続人の不存在;遺言;遺留分)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02148642
  • ISBN
    • 4417007349
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    9, 285, 6p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ