日本の危険地帯 : 地震と津波

書誌事項

日本の危険地帯 : 地震と津波

力武常次著

(新潮選書)

新潮社, 1988.8

タイトル読み

ニホン ノ キケン チタイ : ジシン ト ツナミ

大学図書館所蔵 件 / 75

内容説明・目次

内容説明

次はどこが…危ないか。 これだけは知っておくべき—不意打ち大地震に対する基礎知識とこころの備え。

目次

  • 1章 地震予知観測網の威力—モニターされた伊豆大島の噴火
  • 2章 地震前兆の集大成—解明された前兆の特性
  • 3章 短期地震予知の定量化—震央・マグニチュード・発生時期の予測
  • 4章 地震情勢の見通し—長期予測の現況
  • 5章 予兆出現のシナリオ—大地震には予兆がある
  • 6章 地震危険度の定量化—日本のどこが危ないか
  • 7章 津波危険度の定量化—津波の恐怖
  • 8章 予知から警報へ—変貌を迫られる地震警報

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02484300
  • ISBN
    • 4106003503
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    226p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ