痛みとはなにか : 人間性とのかかわりを探る

書誌事項

痛みとはなにか : 人間性とのかかわりを探る

柳田尚著

(ブルーバックス, B-748)

講談社, 1988.9

タイトル読み

イタミ トワ ナニカ : ニンゲンセイ トノ カカワリ オ サグル

大学図書館所蔵 件 / 152

内容説明・目次

内容説明

痛みはよくからだの警報信号といわれるが、それだけが痛みの役割ではない。警報信号として役立たず、苦痛のみを与える痛みがあり、また、からだのなかに原因となる病気や傷害がないのに、本人が痛みを訴えつづける「慢性痛」という痛みもある。痛みは生理的な現象であると同時に、「心」や人間性にかかわる複雑な性質をもっている。痛みをなくすことは治療の第一の目的であるのに、痛みは現代医療のなかでいまなお放置され、誤解されている。痛みの正確な診断や適切な治療は、まず痛みの本質を知ることから始めなければならない。

目次

  • 痛み—その未知なるもの
  • どのような感覚を痛みとして表現しているか
  • 痛みは果たして警報信号か
  • 痛みの多面鏡
  • 痛みのメカニズム
  • 慢性痛(痛み症候群)という新しい概念
  • 痛みを消すための努力
  • 痛みへの総合的な挑戦
  • 痛みの研究
  • 誰もが「痛み」とは無縁ではあり得ない

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02657781
  • ISBN
    • 4061327488
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    240, 3p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ