「酔い」のうつろい : 酒屋と酒飲みの世相史 : 酒

書誌事項

「酔い」のうつろい : 酒屋と酒飲みの世相史 : 酒

麻井宇介著

(「食」の昭和史, 8)

日本経済評論社, 1988.11

タイトル読み

ヨイ ノ ウツロイ : サカヤ ト サケノミ ノ セソウシ : サケ

大学図書館所蔵 件 / 98

内容説明・目次

内容説明

哀しくとも楽しくとも酒は常に人の世にある。かつて、酒は神々との交歓を願う、集いの酒・宴の酒であり、人は深く酔った。昭和の前期、不況・恐慌・戦争と続くなかで、人は少ない酒を、悪質な酒でも、求めて飲まねばいられなかった。いま、豊饒のなかで、人は「いつもほろ酔い」。酒税の推移、醸造技術の発達、酒場の変貌、新容器の登場などと相俟って、時代は「酒の飲みよう」を大きく変え、「酔い」もまた違ってきた。酒杯に映す世相を振りかえる。

目次

  • 第1章 昭和の構図
  • 第2章 変わる酒の飲みよう
  • 第3章 深まる戦時色の中で
  • 第4章 戦時下の酒事情
  • 第5章 酒再興の足どり
  • 第6章 「戦後」脱却
  • 第7章 豊饒の時代

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02738770
  • ISBN
    • 4818802530
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    303p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ