江戸のビジネス感覚

著者

    • 童門,冬二 ドウモン,フユジ

書誌事項

江戸のビジネス感覚

童門冬二著

朝日新聞社, 1988.10

タイトル読み

エド ノ ビジネス カンカク

大学図書館所蔵 件 / 30

内容説明・目次

内容説明

CI活動・PR活動・発想の転換・付加価値の創造・リサイクル・意識の変革・技術革新・国際化・ベンチャー・理論武装現代ビジネスのルーツは江戸にあった。時代を支え、次代を変えた江戸のビジネスマン群像。

目次

  • 三井高利—西鶴も絶賛した「大商人の手本」はCIとPRの達人
  • 下村彦右衛門—大丸の創始者は、自分の顔までを宣伝材料にしたPR上手
  • 飯田新七—転業の見きわめと合理精神が高島屋をつくりあげた
  • 二宮金次郎—コチコチの道徳主義者どころか、たいへんな経営者だった
  • 河村瑞賢—リサイクルの知恵と発想で天下をうならせた切れ者
  • 角倉了以と宇喜多父子—オリジナルな発想でなくてもいい、発想の転換の方が大切
  • 村山当安—悪徳宣教師に負けず、日本人主導の商売をやり通した長崎代官
  • ルソン助左衛門—日本という小さな枠をこえた、とにかく器量が大きい「痛快商人」
  • 紀国屋文左衛門—目先の儲けだけではなく、大きな流れを見ることができた成功者
  • 山片蟠桃—番頭にして、すぐれた経営コンサルタントでもあった江戸時代有数の学者
  • 江戸のビジネス感覚—海保育陵の説を中心に

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02752556
  • ISBN
    • 402255925X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    260p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ