悲劇のチンパンジー : 手話を覚え、脚光を浴び、忘れ去られた彼らの運命

書誌事項

悲劇のチンパンジー : 手話を覚え、脚光を浴び、忘れ去られた彼らの運命

ユージン・リンデン著 ; 岡野恒也, 柿沼美紀訳

(自然誌選書)

どうぶつ社, 1988.12

タイトル別名

Silent partners : the legacy of the ape language experiments

タイトル読み

ヒゲキ ノ チンパンジー : シュワ オ オボエ キャッコウ オ アビ ワスレサラレタ カレラ ノ ウンメイ

大学図書館所蔵 件 / 94

内容説明・目次

内容説明

本書は、言語実験の衰退にともなって離散したチンパンジーたちのその後の消息を追跡した記録である。彼らの運命はさまざまであった。テキサスへ「島流し」にされたニム。商品として売られ、身元不明になったアリー。生まれ故郷のアフリカへ送られたルーシー。かつて手話を覚え、脚光をあびた彼らは、一時的にもてはやされ、そして忘れられた…。彼らのたどった旅路は、人間の動物に対するあいまいな道徳観や、その時どきの科学の情勢によって強いられた巡礼の旅であった。この本は、研究者の実験動物に対する倫理の問題を投げかけている。

目次

  • 不満の徴候(人間を映す鏡;手話による会話;目まぐるしい日々;主役たち;どろ沼)
  • チンパンジーが人間にかみつく(下火になる;セコイアの死;チンパンジーが人間にかみつく;ゴリラのココとマイケル)
  • 人間がチンパンジーにかみつく(ふえすぎたチンパンジー;人間がチンパンジーにかみつく;一時的な怒り)
  • かすかな希望の光(ルーシー、アフリカへ;野生に帰す;人間の影のなかで)
  • あわれな仲間たち(本音;移りやすい関係;あわれな仲間たち)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ