書誌事項

発生

芋生紘志, 山名清隆共著

(基礎生物学シリーズ, 6)

共立出版, 1989.2

タイトル読み

ハッセイ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

参考書:p201〜202

内容説明・目次

内容説明

この本は、発生学への入門書として、卵がつくられ、個人となるまでの道筋を説明するものである。これによって、ミミズからハエ、ウニからヒトに至るさまざまな動物が、どのような過程を経て卵から個体になるかの大筋を理解し、それぞれの過程を進行させているしくみの一端を理解することができるであろう。

目次

  • 1章 現代発生学の成立と背景
  • 2章 配偶子形成
  • 3章 受精
  • 4章 卵割と胞胚形式
  • 5章 原腸胚形成と形態形成
  • 6章 形態形成の機構
  • 7章 昆虫における形態形成

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03130482
  • ISBN
    • 4320052153
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ