書誌事項

他者の耳 : デリダ「ニーチェの耳伝」・自伝・翻訳

[ジャック・デリダほか著] ; Cl.レヴェック, C.V.マクドナルド編 ; 浜名優美, 庄田常勝訳

産業図書, 1988.12

タイトル別名

L'oreille de l'autre : otobiographies, transferts, traductions : textes et débats avec Jacques Derrida

他者の耳 : デリダニーチェの耳伝自伝翻訳

タイトル読み

タシャ ノ ミミ : デリダ ニーチェ ノ ジデン ジデン ホンヤク

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

主要文献: p290-291

内容説明・目次

内容説明

本書は、1979年10月22‐4日、モントリオール大学で行なわれた討議をもとにして出版されたものである。自伝と翻訳という、われわれの対話の二つのモチーフを選んだのはジャック・デリダ自身である。10月22日に行われた講演「ニーチェの耳伝」に引き続いて、自伝ならびに翻訳についての討議がなされた。

目次

  • 講演 ジャック・デリダ ニーチェの耳伝 固有名詞のポリティーク—ニーチェの教え(生ける女(もの)のロジック;国家の耳筆(オトグラフ)サイン;OMPHALOS)
  • 討議 自伝について(内なる縁取り;ジャンルの変容—範疇から性別へ;第三のロジック;遊戯、労働そして彼岸;この—信じ難い—恐ろしい—あらぬ—もの;心の耳)
  • 討議 翻訳について(変換と父親殺しの解体—構築;差—延のオペレーター;哲学への移行—通路;鏡像反射〔思弁—投機〕の翻訳;偽の意味;複合過去形の翻訳について;言語のなかの追放)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03143087
  • ISBN
    • 4782800460
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 291p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ