俳人芥川龍之介 : 書簡俳句の展開

書誌事項

俳人芥川龍之介 : 書簡俳句の展開

中田雅敏著

近代文芸社, 1988.7

タイトル読み

ハイジン アクタガワ リュウノスケ : ショカン ハイク ノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 38

注記

参考文献並びに引用文献:p318〜324

内容説明・目次

内容説明

天才芥川の自画像を彷彿とさせる俳句から死にいたるまでの句業を辿り、芥川文学における俳句の意味を問う異色の作家論。

目次

  • 第1章 俳句開眼
  • 第2章 「マイナー・ポーエット」
  • 第3章 駄俳病
  • 第4章 漱石参入—子規・漱石・そして龍之介
  • 第5章 帰去来兮(漢詩と我鬼窟句抄;俳句的小説;海彼岸の文学;漢文漢詩の面白味)
  • 第6章 新傾向俳句(碧門俳人;滝井折紫;小沢碧童;大須賀乙字)
  • 第7章 古俳句(剽窃;蕪村から凡兆へ;芭蕉そして再び漱石)
  • 書簡俳句

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03214083
  • ISBN
    • 4896078977
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    324p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ