ガスタービンの基礎と実際

書誌事項

ガスタービンの基礎と実際

三輪光砂著

成山堂書店, 1989.3

タイトル読み

ガス タービン ノ キソ ト ジッサイ

大学図書館所蔵 件 / 55

内容説明・目次

内容説明

陸・舶用ガスタービンは、発電用、圧縮機・ポンプ駆動用、舶用、車両用など、広い用途に用いられる。また、わが国に限ってみれば、いくつかのガスタービン関連国家プロジェクトを核とする官、学とメーカー共同の努力がわが国のガスタービン技術を先進国とそん色のないレベルに引き上げ、中・小出力域では純国産ガスタービンが、国内のみならず海外へも進出しつつある。以上の状況をふまえ、本書はガスタービンの作動、構造から保守に至るまでを平易に解説したものである。

目次

  • 第1章 総論(ガスタービンの機能;ガスタービンの特徴;ガスタービンの発達)
  • 第2章 ガスタービンの熱力学
  • 第3章 圧縮機
  • 第4章 燃焼器
  • 第5章 タービン
  • 第6章 付属系統と機器
  • 第7章 制御
  • 第8章 材料と加工法
  • 第9章 保守

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03309292
  • ISBN
    • 4425680618
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2,4,221p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ