書誌事項

古典落語の力

榎本滋民著

(ちくまライブラリー, 14)

筑摩書房, 1988.7

タイトル読み

コテン ラクゴ ノ チカラ

大学図書館所蔵 件 / 45

内容説明・目次

内容説明

かつて道行く人々の足を止め、ふんぞり返った殿様の愚劣さを笑いとばした「語り芸」は、一億総おしゃべり時代の現代にどう活力を維持していくのか?古今の名人芸の語り口を自在に引用し、落語の持つ魅力と魔力を語る落語ファン必読の1冊。

目次

  • 語り芸の魅力(1億総おしゃべり時代;あやかしの力—名人芸伝説;「かたり」と「かたられ」)
  • 落語の生理(落語は今どうなっているか;「はなす」「よむ」「しゃべる」「かたる」;落語の構造;落ちのないはなし)
  • 語り手と聞き手とネタ(「語り部」から「咄家」まで;落語の素)
  • 語り方の変遷(テキストのない「古典」;咄本以前;咄本以後;近代化以後)
  • 語りエネルギーの回復(伝えるものと創るもの;「かたられる」側の力)
  • 幸福な被害例—私家版古典落語50選

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03315808
  • ISBN
    • 4480051147
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ