読書するプログラマ

書誌事項

読書するプログラマ

祐安重夫著

翔泳社, 1988.10

タイトル読み

ドクショ スル プログラマ

大学図書館所蔵 件 / 13

注記

本書は,雑誌『インターフェース』(CQ出版)に連載の「いきあたりばったり読書日記」(1985 年12月号〜)に23篇を追加したもの

内容説明・目次

内容説明

インターフェース誌の人気連載「いきあたりばったり読書日記」を加筆・補整、新たに書き下ろしエッセイを併せて収録。博学で鳴る著者の炯眼は、日々の読書を通し、科学技術、市民運動、教育思想から料理に至るまで、広く現代社会を透視する。現代の匠(プログラマ)が綴る破邪顕正の辛口随筆集。

目次

  • 読書日記
  • 「読書日記」のできるまで
  • ルドルフ・シュタイナー—あるいは力学的自然観をこえて
  • 寺田寅彦—あるいは感覚の効用について
  • 現実から幻想へ—感覚の崩壊
  • 現実から幻想へ—世界を操作すること
  • アップル・コンピュータ
  • 辞典について
  • Book Hunter’s Digest
  • 手仕事としてのソフトウェア
  • 現実から幻想へ—電脳空間のかなたへ
  • 東京物語—変貌する東京
  • 古本屋綺譚
  • T書店
  • 東京物語—江戸から東京へ
  • 東京物語—蕎麦屋の酒
  • アルフレッド・ラッセル・ウォレス—進化論から心霊学へ
  • 技術の農業化に抗して
  • GNU—自由なソフトウェア、無償のソフトウェア
  • 花見の宴—あるいはまれびとについて
  • 植物の思考
  • 昼下がりの地上げ
  • 失踪
  • 都電が消えた日〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03433484
  • ISBN
    • 4915673189
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    232p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ