眼力の研究 : 勝つためのリーダー学

著者

    • 北森,義明 キタモリ,ヨシアキ

書誌事項

眼力の研究 : 勝つためのリーダー学

北森義明著

リクルート出版, 1987.5

タイトル読み

ガンリキ ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 6

内容説明・目次

内容説明

自分を観る、人を観る、戦局を観る!リーダーの熱い“まなざし”のもとで人は育つ。スポーツ界の常勝チームにみる人と組織の活性化。

目次

  • むきだしの“負けん気”哲学で、めざせ少年サッカー日本一—綾部知枝
  • 科学データが物語る限界を壊せるのが、人間じゃないか—前嶋孝
  • 戦いは日常の行動、コートの外で始まっている—中村和雄
  • できるまでやりなさい、遠回りこそ大切だ—渡辺泰行
  • 道場では野獣になれ、社会生活では紳士になれ—佐藤宣践
  • 「やれ」とは言わない、「できる」のだから—石原敬久
  • 自律した個々人がいて、初めて強いチームだ—松尾雄治
  • 「本気や」そのひとつで、私たちはシンクロした—井村雅代
  • 素質は努力によって目ざめる、ホッケーも自己表現なんだ—恩田昌史
  • ポジションにこだわるな、行動にあるのは可能性だけ—土岐栄
  • 試合で負けるときは、自分に負けているときなんだ—広島日出国
  • 1日も練習を休まず20余年、「普通」の積重ねで3冠征す—谷口俊春
  • オシドリ・コーチングで、選手育成のウルトラC—塚原光男/千恵子
  • 怒っても叱っても、彼女たちはついてきた—尾辻義
  • 現実の姿を直視できた時、人は成長する—稲尾和久
  • 基本というレールの上に、枝葉は自分でつけろ—引木孝夫
  • 本物のプロだけが、この競争原理に勝ち残る—ルディ・グーテンドルフ
  • 嘘をつかぬことと感謝、大事なことはこのふたつ—河原木勝歳
  • ジャンプに必要なのは、根性よりも平常心だった—笠谷幸生
  • 全面的信頼感で、ひたすら“待つ”—馬場信親
  • エキリーブル(平衡)センス、それはライダーの命だ—杉谷昌保
  • 遠近両用、緩急自在の自然体—鶴峯治
  • どんなに一生懸命でも、迷いがあるとダメです—杉山勝四郎
  • いつも青春しながら、いっしょにやっていく—津田寿郎
  • 選手のため?いえ、誰よりも、私自身が勝ちたい—小浜元孝
  • 「勝つ」ためのリーダーシップ—その勝因分析から

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ