母と女 : 平塚らいてう・市川房枝を軸に

書誌事項

母と女 : 平塚らいてう・市川房枝を軸に

鈴木裕子著

(女性史を拓く : 国立市公民館女性問題講座「歴史」 / 鈴木裕子著, 1)

未来社, 1989.5

タイトル別名

母と女 : 平塚らいてう市川房枝を軸に

タイトル読み

ハハ ト オンナ : ヒラツカ ライチョウ イチカワ フサエ オ ジク ニ

大学図書館所蔵 件 / 169

注記

平塚らいてう・市川房枝関係略年譜(1886-1945): p203-207

内容説明・目次

内容説明

フェミニズム思想の輝かしい先覚者・実践者として知られている平塚らいてう・市川房枝の戦時下の足どりには今の私たちの日常に共通する混迷や意識の落し穴も見られる。2人の思想と実践の核をなすらいてうの母性主義への歩みを、事実に沿ってたどり、なぜ戦争協力への道に搦めとられていったかを、現在の女たちの抱えている問題と照らし合わせて学ぶ。

目次

  • 1 女性史を学ぶ視点
  • 2 新しい女—平塚らいてう
  • 3 平塚らいてうと母性保護論争
  • 4 母性主義と優生思想
  • 5 市川房枝の生いたち
  • 6 婦選は鍵なり
  • 7 参加—協力の道
  • 8 らいてう・房枝の陥ったところ
  • 9 自立的な人格であるために
  • 平塚らいてう・市川房枝関係略年譜(1886〜1945)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ