資本蓄積再論 : 亞流はマルクスの理論から何を作ったか

書誌事項

資本蓄積再論 : 亞流はマルクスの理論から何を作ったか

ローザ・ルクセンブルグ著 ; 長谷部文雄譯

(岩波文庫, 34-140-7, 1080-1081)

岩波書店, 1935.2

タイトル別名

Die Akkumulation des Kapitals, oder Was die Epigonen aus der Marxschen Theorie gemacht haben

資本蓄積再論

タイトル読み

シホン チクセキ サイロン : アリュウ ワ マルクス ノ リロン カラ ナニ オ ツクッタ カ

大学図書館所蔵 件 / 39

この図書・雑誌をさがす

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03856546
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    224p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ