書誌事項

商標法概説

小野昌延著

有斐閣, 1989.11

タイトル読み

ショウヒョウホウ ガイセツ

大学図書館所蔵 件 / 72

内容説明・目次

内容説明

商標法は不正競争防止法とともに、広い意味の競業法を形成している。これからの情報化社会においても、企業努力の結晶である商標の無体財産的重要性は、増すことこそあれ減少することはない。商標法は、標識法の中心である。本書は現行商標法について、体系的に基本的事項を概説するものである。

目次

  • 序論(序説;商標法の沿革と発展;商標法の概念;商標法の体系的地位)
  • 実体的商標法(商標権の成立;商標権の主体;商標権の効力;商標権の処分(商標権の移転);商標権の存続期間と消滅)
  • 手続的商標法(総説;商標登録出願;審査;審判;訴訟)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04054550
  • ISBN
    • 4641036748
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    23, 323p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ