書誌事項

アメリカの論理日本の対応 : 日米摩擦二〇年の記録

大来佐武郎著

(シリーズ (日米関係) / 細谷千博責任監修 ; 国際大学日米関係研究所企画・編集, 5)

ジャパンタイムズ, 1989.11

タイトル別名

アメリカの論理・日本の対応 : 日米摩擦20年の記録

タイトル読み

アメリカ ノ ロンリ ニホン ノ タイオウ : ニチベイ マサツ ニジュウネン ノ キロク

大学図書館所蔵 件 / 107

内容説明・目次

目次

  • 世界不況のなかで(アメリカ議会両院合同経済委員会に出席;日米経済関係の展望;八方破れの構え;世界的力関係の再配分—日米欧委員会合同総会スピーチ ほか)
  • 日本への期待と日本のとまどい(世界政策形成への参加;貿易と日本農業;分業の変化と外交;円とドルの将来 ほか)
  • 強がりのアメリカ(レーガン政権の登場;レーガン政権9か月、日米関係の空模様;貿易不均衡の拡大で日本への風圧が高まる;日本へのいらだちと期待と ほか)
  • 常態化する日米摩擦(日米経済摩擦の原因は何か;日本市場の開放へアメリカはどう対応しようとしているか;アメリカの景気回復が上昇しつづけるには;日本の総合安全保障をめぐる東南アジアとアメリカ ほか)
  • アメリカにも危機感が(印象的な米国内産業の強い危機感—ミネアポリスの日米財界人会議;日本のなすべきこと、アメリカのなすべきこと—楽観を許さぬ市場開放策への評価;摩擦回避への共同提言発表—東京で日米賢人会議;非建設的なホワイト氏の対日非難—長期的展望欠き日本を過大評価 ほか)
  • 日本はもっと積極的になれ(米4議員「日本は非協力的」と不満表明—財界からは「アメリカは増税、日本は内需拡大を」;「米国問題」はないのか—「ジャパン・プロブレム」への反論;重要性を増す日本の役割—アジアを中心としたインフラ建設に積極的協力を;環太平洋とアメリカ企業 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ