コリン・ウィルソン音楽を語る

書誌事項

コリン・ウィルソン音楽を語る

コリン・ウィルソン著 ; 河野徹訳

冨山房, 1989.10

  • 新装版

タイトル別名

Colin Wilson on music

タイトル読み

コリン ウィルソン オンガク オ カタル

大学図書館所蔵 件 / 43

内容説明・目次

内容説明

『アウトサイダー』の著者がその非凡な知性と感性を駆使し、ロマン派音楽、ベートーヴェン、モーツァルトからバルトーク、スクリァビン、ブロッホ、さらにはシエーンベルク、ベルク、ウェーベルン、ヒンデミット、ストラヴィンスキーまどの現代音楽、そして、オペラ、ジャズにいたるまで、ユニークな音楽論を展開し、読者を音楽的冒険へと誘う。

目次

  • 1 ロマン派の半世紀—リスト、ワーグナー、ブラームス、ハンスリック、ブルックナー、マーラー
  • 2 モーツァルトとベートーベン—一つの回顧
  • 3 現代音楽—その問題点—シェーンベルク、ウェーベルン、ヒンデミット、ストラヴィンスキー
  • 4 バルトークの悲劇
  • 5 二人の神秘家—スクリァビンとブロッホ
  • 6 ジャズ—その特質と精神
  • 7 ディーリアス
  • 8 イギリス音楽について—サリヴァン、エルガー、ホルスト、バタークス、ウォーロック、ヴォーン・ウィリアムズ、バックス、アイアランド、ブリス、ウォールトン,ブリテン、ティペット、サール
  • 9 オペラ覚え書—オルフ、R.シュトラウス、現代イタリアオペラ、メノッティ、プーランク、ヤナーチェック、プロコフィエフ、現代ロシアオペラ
  • 10 アメリカの音楽

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04204507
  • ISBN
    • 4572007055
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    388p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ