書誌事項

天武天皇出生の謎

大和岩雄著

(ロッコウブックス)

六興出版, 1987.2

タイトル読み

テンム テンノウ シュッショウ ノ ナゾ

大学図書館所蔵 件 / 22

内容説明・目次

内容説明

天武天皇は天智天皇の「実弟」とする、学界の定説に果敢に挑む。学史をふまえて、『日本書紀』の記事を子細に検討し、弟が兄より年長になる“年齢矛盾”をついに解明。『書紀』編者の潤色と創作を洗い出す問題の書。

目次

  • 1 なぜ、天武天皇は兄の天智より年長か
  • 2 天智天皇の兄の漢皇子と大海人皇子の接点
  • 3 漢皇子の父高向王と高向臣・高向漢人
  • 4 大海人皇子は「東宮大皇弟」ではない
  • 5 なぜ、23年間も中大兄皇子は「皇太子」か
  • 6 天武・持統天皇とつながりをもつ当麻真人
  • 7 天命開別天皇(天智)と東宮大皇弟(天武)のセット化
  • 8 乙巳の変の主役になった鎌足の虚像
  • 9 漢皇子と大海人皇子を別人化した現実的原因
  • 10 建国紀元年の辛酉と養老5年の辛酉
  • 11 天武天皇の出自をめぐる問題点

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04470205
  • ISBN
    • 4845350572
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    240p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ