書誌事項

映像学原論

植条則夫編著

ミネルヴァ書房, 1990.5

タイトル別名

Theories of image arts and sciences

タイトル読み

エイゾウガク ゲンロン

大学図書館所蔵 件 / 183

注記

映像史関係年表: 巻末p7-20

内容説明・目次

目次

  • 第1章 映像の概念と映像研究の特色
  • 第2章 映像メディアの歴史—アプローチのための試論
  • 第3章 映像の特質
  • 第4章 映像メディアの種類と特性
  • 第5章 映像と現代芸術
  • 第6章 映像表現の創造原理
  • 第7章 映像の批評をめぐって
  • 第8章 高度情報社会と映像文化—映像の「保存—蓄積—継承」という問題をめぐって
  • 第9章 ジャーナリズムとしての映像
  • 第10章 映像広告の機能と発想
  • 第11章 記号としての映像と言語
  • 第12章 映像情報と創造的思考
  • 第13章 映像ソフト産業
  • 第14章 ホログラフィーとその意味
  • 第15章 映像における表現の自由と倫理
  • 第16章 映像著作権の諸問題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04724132
  • ISBN
    • 4623019969
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 326, 20p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ