セグメント情報の会計実務

書誌事項

セグメント情報の会計実務

勝島敏明編著

中央経済社, 1990.5

タイトル読み

セグメント ジョウホウ ノ カイケイ ジツム

大学図書館所蔵 件 / 61

内容説明・目次

内容説明

企業活動の多角化、多様化は、子会社、関係会社を通じて行われ、また、国際化の傾向はますます強まってきている。このような企業を取り巻く環境の変化は、当然、証券取引法に基づく企業内容開示制度にも影響せずにはおかない。セグメント情報の開示問題への取組みは、時間の問題とみもられていたが、当局および関係者のご努力で制度化の道がしるされた。すなわち、平成2年4月1日に開始する事業年度から、連結財務諸表での開示と軌を一つにして、開示されることになっているからである。

目次

  • 第1章 セグメント情報とは—その意義と必要性、有用性
  • 第2章 各国におけるセグメント情報の要求
  • 第3章 アメリカにおけるセグメント情報の要求
  • 第4章 わが国企業のセグメント情報の開示
  • 第5章 わが国のセグメント情報開示に至るまでの経緯
  • 第6章 わが国のセグメント情報開示の内容について
  • 第7章 開示情報の作成に当たっての事前準備
  • 第8章 具体的計算例
  • 第9章 わが国の開示基準とSFAS第14号との比較および問題点

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04780315
  • ISBN
    • 4502108936
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2,5,220p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ