書誌事項

労働価値説の現代的意義

経済理論学会編

(経済理論学会年報 / 経済理論学会編, 第27集)

経済理論学会事務局 , 青木書店 (発売), 1990.10

タイトル読み

ロウドウ カチセツ ノ ゲンダイテキ イギ

大学図書館所蔵 件 / 67

内容説明・目次

目次

  • 価値概念の広義化をめぐって(山口重克)
  • 労働価値説の主要命題と現代の問題(置塩信雄)
  • オートメーションと労働価値説の妥当性(佐藤良一)
  • 資本の生産過程における段級論の位置(神山義治)
  • 《Ruchti‐Lomann効果》の意味(吉田央)
  • 諸資本の競争と利潤率低下論(野村政修)
  • 恐慌と信用制度(松田正彦)
  • 剰余価値率・利潤率の推計(泉弘志)
  • 『賃金・価格・利潤』によせて(松尾匡)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ