武家文化と同朋衆 : 生活文化史論

書誌事項

武家文化と同朋衆 : 生活文化史論

村井康彦著

三一書房, 1991.1

タイトル別名

武家文化と同朋衆 : 生活文化史論

タイトル読み

ブケ ブンカ ト ドウボウシュウ : セイカツ ブンカシロン

大学図書館所蔵 件 / 98

内容説明・目次

目次

  • 序論(天文文化論;二つの「一座建立」)
  • 第1部 武家文化の構造(北山殿の唐物数奇;東山殿の芸術生活;同朋衆と阿弥衆;武家文化と同朋衆)
  • 第2部 座敷飾の世界(芸能空間としての書院;座敷飾の成立;『君台観左右帳記』と『御飾書』)
  • 第3部 芸道論の成立(武家と遊楽;伝書の時代;中世芸道の成立と伝授)
  • 第4部 生活の美意識(初期の京焼;京料理と生活文化;蓮月尼)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ