アジアの開発と援助 : 取材50年の体験的考察

書誌事項

アジアの開発と援助 : 取材50年の体験的考察

丸山静雄著

新日本出版社, 1991.6

タイトル読み

アジア ノ カイハツ ト エンジョ : シュザイ 50ネン ノ タイケンテキ コウサツ

大学図書館所蔵 件 / 148

注記

年表アジア開発・援助の五〇年: 巻末

内容説明・目次

内容説明

あまりにも国家戦略・企業エゴの具とされてきた開発・援助—。アジアに長年かかわってきた著者が情熱をこめて訴える。いま、原点からの見直しを。

目次

  • 1 開発の思想・援助の思想(工業化を目ざして;援助の二つの顔)
  • 2 開発の功罪・援助の功罪(生産の極大化・分配の公平;社会主義経済の形成;アメリカの援助;日本の援助;社会主義国の援助;オーバー・プレゼンスの危険)
  • 3 開発の課題・援助の課題(開発のジレンマ;インタナショナリズムと民主主義;合理的なアプローチ;贖罪意識と経済協力;農業協力のあり方;「国家エゴ」からの解放)
  • 年表 アジア開発・援助の50年
  • 著者の参画した開発・援助に関する主な調査・研究活動

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ