書誌事項

オリーブ畑に天使がおりて

石井洋子文 ; 石井崇絵

中央法規出版, 1990.5

タイトル読み

オリーブバタケ ニ テンシ ガ オリテ

大学図書館所蔵 件 / 12

内容説明・目次

内容説明

本当の子育てがアンダルシアにあった。アンダルシアで初めて子どもを産んでそして育てて…。日本人の絵描き夫婦が、南スペインの美しい四季の移り変わりや、心やさしい村人達の生活を織りまぜながら描く、心温まる子育て絵日記。

目次

  • 1月(もとは茶店だった峠のわが家;大きなおなかで3千キロの大旅行;長男・散歩の誕生)
  • 2月(春のおとずれ;代母マリア・デル・カルメン)
  • 3月(たれが風を見たでしょう;スペインのおふくろの味;離乳食アンダルシア風)
  • 4月(アンダルシアの春;春祭り;決め言葉はグアッパ!)
  • 5月(初夏のおとずれ;宵っぱりの子どもたち)
  • 6月(麦のお山はチクチクするぞ;甘えん坊ルイ)
  • 7月(アンダルシアのフライパン;断水の教訓;小さなベストドレッサー;カンポは、はだしの哀れな子)
  • 8月(バカシオンをどう過ごす;キャンプ場は小さなヨーロッパ)
  • 9月(スペインの赤ひげ先生;おばあちゃん伝来の家庭療法)
  • 10月(冬の先駆け;雨と追いかけっこの洗濯ゲーム)
  • 11月(イサベルおばさんの青い手押し車;お昼ごはんは一家そろって;同じ名前がいっぱい;結婚しても姓は変わらず)
  • 12月(パパ・ノエルはいつ来るの?;小さな保母さんたち;一人ふえても同じこと)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06473394
  • ISBN
    • 4805807350
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    133p
  • 大きさ
    24cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ