イタリア旅日記 : ローマ、ナポリ、フィレンツェ(1826)

書誌事項

イタリア旅日記 : ローマ、ナポリ、フィレンツェ(1826)

スタンダール [著] ; 臼田紘訳

新評論, 1991.6-1992.5

  • 1
  • 2

タイトル別名

Rome, Naples et Florence

イタリア旅日記 : ローマナポリフィレンツェ1826

タイトル読み

イタリア タビ ニッキ : ローマ ナポリ フィレンツェ 1826

大学図書館所蔵 件 / 108

注記

原書第3版の翻訳

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784794800893

内容説明

本書はスタンダールの「ローマ、ナポリ、フィレンツェ、第3版」の翻訳である。「第3版」は、先に「イタリア紀行」という邦題で出版された「1817年のローマ、ナポリ、フィレンツェ」のスタンダールによる増補版であるが、「1817年版」とは内容・分量とも大幅に異なっている。文章の調子も異なり、「1817年版」では隠すことのできない王政復古に対する怒りは、こちらでは内面化され、全体的に感情を抑制した観察と考察が見られる。
巻冊次

2 ISBN 9784794801289

内容説明

『イタリア旅日記2』では、スタンダール氏がボローニャからフィレンツェを経て、イタリア南部を周遊し、ローマに帰着するまでの旅程が記される。つまり〈2〉に至ってやっと、本書の原題どおりに、ローマ、ナポリ、フィレンツェを中心とした旅が展開される。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ