書誌事項

教室音読で鍛える

野口芳宏著

(教育新書, 120)

明治図書出版, 1991.6

タイトル読み

キョウシツ オンドク デ キタエル

大学図書館所蔵 件 / 11

内容説明・目次

内容説明

文章がすらすら読める、という学力をつけることは、国語科の最も基礎的な指導事項です。本書は、教室における音読指導の具体的な技術を、平明、かつ実践的に解説し、提言したものです。

目次

  • 1 子どもは音読が下手だ!—まずこの現状の直視から
  • 2 なぜ子どもの音読は下手なのか?—考えてみたい4つの仮説
  • 3 教えてやればうまくなる!—成果があがった追試報告
  • 4 担任が音読指導の最適任者だ—誰にも負けない個別指導
  • 5 まずは教師の音読レッスン!—「大きなかぶ」で模擬授業
  • 6 次は、音読指導の腕を磨く—「おじさんのかさ」で模擬授業
  • 7 教室音読の骨格はこれだ!—教室のための指導技術
  • 8 音読の理論を学ぼう!—音読・朗読・そして表現

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06683772
  • ISBN
    • 4186810052
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    252p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ