都市化の社会学理論 : シカゴ学派からの展開

書誌事項

都市化の社会学理論 : シカゴ学派からの展開

鈴木広[ほか]編著

(都市社会学研究叢書, 1)

ミネルヴァ書房, 1991.6

初版第2刷

タイトル読み

トシカ ノ シャカイガク リロン : シカゴ ガクハ カラ ノ テンカイ

電子リソースにアクセスする 全1

大学図書館所蔵 件 / 35

注記

記述は初版第2刷による

内容説明・目次

内容説明

60年代以降わが国における、急速かつ大規模な都市化社会の出現は、従来の都市社会学研究に、根元的なパラダイム転換を迫っている。本書は、今日まで認識と理論の中心に位置してきた、古典的シカゴ学派の理論と方法を吟味し直し、新たな現象把握のための、都市社会学理論構築への道すじを示す。

目次

  • 1 総説(シカゴ学派の衰退と再生;シカゴ学派の都市研究動向—人間生態学を中心に)
  • 2 考察(シカゴ学派の形成とその第一世代;古典生態学の都市理論;都市研究の源流—シカゴ・ソシオロジー再考)
  • 3 応答(「異端の都市社会学者」たちからみたシカゴ学派;都市社会論の国家論的位相—「新しい都市社会学」をめぐって;アーバニゼイションの理論的問題)
  • 4 展開(コミュニティ研究とシステム論;都市的生活様式論序説)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06697937
  • ISBN
    • 4623017818
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vi, 308p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ