書誌事項

ミシェル・フーコー : 社会理論と侵犯の営み

チャールズ ・ C ・ レマート, ガース ・ ギラン著 ; 滝本往人 [ほか] 訳

(アクト叢書)

日本エディタースクール出版部, 1991.10

タイトル別名

Michel Foucault : social theory and transgression

タイトル読み

ミシェル フーコー : シャカイ リロン ト シンパン ノ イトナミ

大学図書館所蔵 件 / 130

注記

他の訳者: 曽根尚子, 柳和樹, 山本学

引用文献一覧: p257-264

内容説明・目次

内容説明

狂気は理性の、死は身体の、社会はディスクールの限界である。著者たちは、哲学と社会学という二つの学問領域からフーコーを読みこみ、フーコーと社会理論を「限界」づけると同時に「侵犯」する。フーコーの仕事を貫く根底的な主題に肉薄する書である。

目次

  • 1 背景—フーコーの場
  • 2 手法—歴史的考古学
  • 3 内容—権力‐知力とディスクール
  • 4 諸問題—諸限界と社会理論
  • 補遺 フーコーが用いた概念

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06899454
  • ISBN
    • 4888881790
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 298p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ