○△□の美しさって何? : 20世紀美術の発見

書誌事項

○△□の美しさって何? : 20世紀美術の発見

本江邦夫著

(ポプラ社教養文庫, 21)

ポプラ社, 1991.4

タイトル読み

○△□ ノ ウツクシサッテ ナニ : 20セイキ ビシュツ ノ ハッケン

大学図書館所蔵 件 / 24

内容説明・目次

内容説明

マル・サンカク・シカクの形と色が主役となった絵—抽象画。それは、20世紀美術における、ひとつの発見であった。カンディンスキー、モンドリアン、マレーヴィチなど、代表的な抽象画家の作品をつうじて、なぜ、20世紀に抽象画が生まれたのか、そして、抽象画にこめられた意味とは何かをときあかす。

目次

  • 抽象画への出発
  • 色と形で描く—カンディンスキーの絵
  • 垂直線と水平線で描く—モンドリアンの絵
  • 白と黒で描く—マレーヴィチの絵
  • 抽象画の実験—アメリカの画家たち

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0694685X
  • ISBN
    • 4591038513
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    188p
  • 大きさ
    20cm
  • 親書誌ID
ページトップへ