書誌事項

半生の思想

最首悟著

(河合ブックレット, 21)

河合文化教育研究所, 1991.9

タイトル読み

ハンセイ ノ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 20

注記

発売 : 河合出版

内容説明・目次

目次

  • 1 半生の思想(異質な存在をくぐり抜けた平等;「自明な信頼、清潔な無関心」への願い;東大の慣行と造反—幻の23日;突破口としての60年安保闘争;民主主義からの距離;「知識人と大衆」のはざまで;『怠ける権利』がもつ射程;「広島・長崎」以後の自然科学;「水俣」から見た専門家の姿;大学聖域論を越えて;「科学を信じる」ことの自家撞着;知的明晰さと未知との関係;「私が私であること」の循環;学問の不確かさを考える;半生の思想;方法としての異端、半端)
  • 2 半僧半俗を生きる(世代間批判と自己批判と;悟ることの逆説;森羅万象の関係性へ)
  • 解説 〈生〉と〈干〉のはざま

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06952965
  • ISBN
    • 4879999202
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    名古屋
  • ページ数/冊数
    79p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ