漱石が見た物理学 : 首縊りの力学から相対性理論まで

書誌事項

漱石が見た物理学 : 首縊りの力学から相対性理論まで

小山慶太著

(中公新書, 1053)

中央公論社, 1991.12

タイトル読み

ソウセキ ガ ミタ ブツリガク : クビククリ ノ リキガク カラ ソウタイセイ リロン マデ

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

物理学と漱石の対照年表:p201-205

内容説明・目次

内容説明

漱石の生きた半世紀は、X線、電子が発見され、量子論が誕生し、特殊相対性理論が発表されるなど、古典物理学から現代物理学へと移行する激動の時代であった。理科が得意で、自らも建築家志望であった漱石は、寺田寅彦と科学談義を楽しみ、作品にも最新の話題が登場している。本書は文学者漱石の旺盛な好奇心に従って、熱、光、量子、時間と空間について物理学発展のあとを辿り、乖離する文科と理科の交流を目指す。

目次

  • 序章 漱石と物理学—文科と理科の交流
  • 1章 古典物理学の完成—激動の嵐の前
  • 2章 新しい自然観の台頭—19世紀から20世紀への転換
  • 3章 量子仮説の提唱—人間からの離脱
  • 4章 量子力学の誕生—極微の世界に向けて
  • 5章 相対性理論の誕生—時空概念の変革
  • 終章 再び漱石と物理学—文学の中の“自然法則”
  • 物理学と漱石の対照年表

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07038186
  • ISBN
    • 4121010531
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    205p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ