授業で逆転現象を仕掛ける

書誌事項

授業で逆転現象を仕掛ける

大森修著

(教育新書, 125)

明治図書出版, 1991.12

タイトル読み

ジュギョウ デ ギャクテン ゲンショウ オ シカケル

大学図書館所蔵 件 / 10

内容説明・目次

内容説明

授業は子どもをはぐくみ、子どもの自力を援助する営みである。子どもは自らの力で成長する。しかし、成長を阻害するものがある。授業で逆転現象を仕掛けるのは、成長を阻害している観念を変えるためである。意図的計画的に子どもに観念の変更を迫れるのは教師である。本書はそうした試みを提示した。

目次

  • 1 いつどういう類の逆転を仕掛けるか(いま、なぜ「逆転現象」か;できるとできないを逆転させる;逆転現象が起きる)
  • 2 逆転現象で鍛える(出会いの3日間に仕掛ける逆転;出会いの授業で逆転を仕掛ける;「宿題」から「自学」への逆転を仕掛ける;辞書で逆転を仕掛ける;作文で逆転を仕掛ける;展覧会で逆転を仕掛ける;子どもとの関わりで逆転を仕掛ける;学年教師集団で逆転を仕掛ける;逆転現象で育った子ども;若い教師の「知性」と共に)
  • 3 逆転現象のある授業(向山洋一の授業;有田和正の授業)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0704850X
  • ISBN
    • 4186815054
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    291p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ