八甲田山から還ってきた男 : 雪中行軍隊長・福島大尉の生涯

書誌事項

八甲田山から還ってきた男 : 雪中行軍隊長・福島大尉の生涯

高木勉著

(文春文庫)

文芸春秋, 1990.2

タイトル読み

ハッコウダサン カラ カエッテ キタ オトコ : セッチュウ コウグン タイチョウ フクシマ タイイ ノ ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 11

内容説明・目次

内容説明

明治35(1902)年1月、青森歩兵第五連隊第二大隊が八甲田山縦断雪中行軍中、猛吹雪により210名中199名が凍死する大惨事が起きた。一方、福島泰蔵大尉が率いる弘前歩兵第三十一連隊の総勢37名は全員生還。どこに違いがあったのか—。より苛酷な行軍を成し遂げた福島大尉の企画力、指導力、人間像を膨大な資料をもとに描く。

目次

  • 2つの部隊、雪の八甲田へ
  • 福島泰蔵の生い立ち
  • 勉強家の青年士官
  • 吼える八甲田山の生と死
  • 福島隊の成功と陸軍中央
  • 福島泰蔵大尉の最期

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07267707
  • ISBN
    • 4167482029
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    275p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ