書誌事項

噺歌集

さだまさし著

(文春文庫)

文芸春秋, 1986.4-

  • [1]
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

タイトル読み

ハナシカシュウ

大学図書館所蔵 件 / 7

内容説明・目次

巻冊次

[1] ISBN 9784167319021

内容説明

3時間のコンサートのうち2時間はしゃべる、というしゃべリストさだまさしのステージをまるごと再現する活字のライブ。彼のおしゃべりの中から選んだ傑作面白ばなしをまとめて90本! とにかく笑っちゃうアドリブに痛烈な楽屋落ち。文庫本はこれが一冊目でまだまだつづきます。彼の歌を聞きながら読めば最高です。
巻冊次

2 ISBN 9784167319038

内容説明

ある年、さだまさしは旅に出た。題して「全国縦横無尽・神出鬼没コンサート」。137の会場で、しゃべりまくること実に164回。これでまたまた、歌よりもおしゃべりを楽しみにする人をふやしてしまった。「噺歌集」第2集は、この全国おしゃべりの旅から選りすぐったステージ・トークの活字によるナマ録であります。

目次

  • 1 白川郷コンサート生録
  • 2 スペシャル・トーク・カプセル(ある日旅に出たら;ふれあいの詩;芸能人になった日;7人のサムライたち;退屈しない法教えます;思い出色は赤・青・黄そして白;ほろにが青春チョコレート;ギターと黄門さまと中国;生まれたときのひと呼吸)
巻冊次

4 ISBN 9784167319052

内容説明

1985年の大晦日夜から1986年元旦朝まで、神戸・ワールド記念ホールは異様な熱気に揺れました。さだまさしが9時間ぶっ通しで歌いしゃべり続けたのです。まさしもすごいがつきあった8000人の聴衆もすごい。この元気!情熱!この時、まさしの口からあふれた言葉を全部すくいとって、活字ライブ。

目次

  • 1 ゆく年くる年in神戸コンサート生録
  • 2 スペシャル・トーク・カプセル(渡る世間は話題が一杯;遊びをせんとや生まれけり;いつでもどこでもコンサート;血縁有縁;今日の後に今日はなし;幸せは電波に乗って;夢中で夢を夢みるほどに)
巻冊次

5 ISBN 9784167319069

内容説明

さだまさしに最も影響を与えた女性は祖母。18歳の時、飯を炊いているうちに急にばかばかしくなって婚家を飛び出した彼女はシベリアに渡り、砂金で巨万の財をなしウラジオストックに料亭を開いた。ここで軍事探偵の佐田さんと出会い、今日のまさしがある—。ストーリーテリングに磨きをかけて贈るステージ・トーク第5弾。

目次

  • 第1章 ボロは着てても…
  • 第2章 夢ばかりみていた
  • 第3章 家族三景
  • 第4章 あなたが好きです
  • 第5章 快物伝
  • 第6章 事実は小説より嬉なり
  • 第7章 爆笑小劇場
  • 第8章 人間よもやま話
  • 第9章 僕らはみんな生きている

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07270246
  • ISBN
    • 4167319020
    • 4167319039
    • 4167319055
    • 4167319063
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ