書誌事項

文学と悪

ジョルジュ・バタイユ著 ; 山本功訳

(筑摩叢書, 364)

筑摩書房, 1992.6

タイトル別名

La litterature et le mal

タイトル読み

ブンガク ト アク

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

原著(Gallimard, 1957)の全訳

内容説明・目次

内容説明

本書は、エミリ・ブロンテ、ボードレール、ミシュレ、ウィリアム・ブレイク、サド、プルースト、カフカ、ジュネという八人の作家を論じながら、文学と悪の関係をめぐって、バタイユが自分の根本理念を展開してみせたものである。

目次

  • エミリ・ブロンテ
  • ボードレール
  • ミシュレ
  • ウィリアム・ブレイク
  • サド
  • プルースト
  • カフカ
  • ジュネ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07862096
  • ISBN
    • 4480013644
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 281p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ