書誌事項

万葉歌の成立

古橋信孝 [著]

(講談社学術文庫, [1061])

講談社, 1993.2

タイトル読み

マンヨウカ ノ セイリツ

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

参考文献: p302-303

文庫no.はカバーにあり

内容説明・目次

内容説明

万葉集が庶民の素朴な生活感情を歌っているとする通説は、実は疑わしい。方言で詠まれた歌がほとんどないことでも分るように、その成立は宮廷が政治的に形成されていく過程と切り離せないのである。著者は近代的感性を安易にあてはめる古典解釈を斥け、村落共同体に発生した神謡に歌の始源を探り、万葉集の表現構造を精緻に分析して、日本の古代世界像を構築する。万葉学に新しい地平を拓く意欲作。

目次

  • 序章 〈うた〉とは何か
  • 第1章 神謡—歌の発生
  • 第2章 神謡の表現構造
  • 第3章 歌の呪性
  • 第4章 万葉集と〈生産叙事〉
  • 第5章 万葉集と〈巡行叙事〉
  • 第6章 地名と枕詞・序詞・歌枕
  • 第7章 恋の歌
  • 第8章 宮廷生活と歌
  • 第9章 万葉集の文学史
  • 第10章 孤独の内景

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN08700544
  • ISBN
    • 4061590618
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    318p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ