ガニュメデスの誘拐 : 同性愛文化の悲惨と栄光

書誌事項

ガニュメデスの誘拐 : 同性愛文化の悲惨と栄光

ドミニック・フェルナンデス著 ; 岩崎力訳

ブロンズ新社, 1992.12

タイトル別名

Le Rapt de Ganymède

タイトル読み

ガニュメデス ノ ユウカイ : ドウセイアイ ブンカ ノ ヒサン ト エイコウ

大学図書館所蔵 件 / 48

内容説明・目次

内容説明

プラトン、ミケランジェロ、ナポレオン、ルートヴィヒ二世、ダヴィッド、バルザック、シューベルト、モーツァルト、ワイルド、プルースト、フロイト、トーマス・マン、ジッド、モンテルラン、フォースター、パゾリーニ、三島、ジュネ、フーコー、ヴィスコンティ、アイヴォリー…。有史以来の偉大な才能とホモセクシャリティとのかかわりを通じて、久しく断罪されてきた同性愛文化の歴史と変容を見極める、フェルナンデスの力作評論。

目次

  • 本性?それとも文化?
  • 歴史的に重要ないくつかの問題について(宦官への責任転嫁;警察と医学の監視の下で;もうひとりのリヒャルト;忘れ去られた何人かのパイオニアについて;百年の悲惨;中世のモデルが、なぜギリシアのモデルに取ってかわらなければならないか)
  • 美術・音楽・文学・映画(守護英雄サン・セバスティアーノ;フランス革命からナチス・ドイツへ—新古典実義芸術における男性ヌード;ジョッキを前にしたシューベルト;モーツァルトからブリテンへ—あるいは同性愛者をオペラの主人公とすることの困難さについて;同性愛文学の偉大と頽廃;ドリアン・グレイの肖像—幸福の博物館;『モーリス』—小説から映画へ;コンスタンタン・カヴァフィ;モンテルランのドン・ジュアン;誰が三島を殺したか?;ゼノンとアレクサンドル—掟を越えた二人の主人公;パリアの栄光;アウシュヴィッツからエイズへ;セルゲイ・エイゼンシュテインからジェイムズ・アイヴォリーおよびペドロ・アルモドバルへ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN08700996
  • ISBN
    • 4893090607
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    433p, 図版16p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ