知的所有権で日本が勝つ日 : ビジネス・知の時代への招待

書誌事項

知的所有権で日本が勝つ日 : ビジネス・知の時代への招待

ヘンリー・幸田著

(Tokuma books)

徳間書店, 1993.5

タイトル読み

チテキ ショユウケン デ ニホン ガ カツ ヒ : ビジネス チ ノ ジダイ エノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

国際化時代、特許権に無知・無策でいると200億円台の膨大な賠償金をとられることもある。この逆もまた真。日本の知的所有権で巨富を生む方法を在ロス10年、特許マフィアと激闘の著者が鋭く説く。

目次

  • 第1章 プロパテント時代の英雄ジェローム・レメルソン
  • 第2章 現代のキー・ワード“知的所有権”
  • 第3章 企業を襲う“プロパテント”の嵐と“損害賠償”—そのために知っておきたい“特許裁判”事情
  • 第4章 世界のプロパテント化の波に乗る—事件1・マース対日本コンラックス
  • 第5章 米国特許裁判で勝利をつかんだ日本の地方企業—事件2・フィリップ対泉精器
  • 第6章 日本企業がプロパテントでも米国に逆襲を開始する

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09369934
  • ISBN
    • 4195051851
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    235p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ