書誌事項

アウグスチヌス「告白」講義

矢内原忠雄[著]

(講談社学術文庫)

講談社, 1993.9

タイトル読み

アウグスチヌス コクハク コウギ

大学図書館所蔵 件 / 118

注記

昭和18年教文館より発行された「アウグスチヌス「告白」講義」を底本とする

内容説明・目次

内容説明

ローマ帝国崩壊期に、教父アウグスチヌスが著した『告白』は、結婚と世俗的栄達の道を捨ててキリストの教えに帰依し、光明を見出すまでの激しい内面の葛藤、母と子の物語を赤裸々に描いて名高い。本書は、その告白文学の最高傑作を、内村鑑三に師事し、軍国主義批判のため東大を追われた筆者が、自宅に開いた私塾で講義し、まとめたものである。千六百年前の魂の叫びが、今いきいきとよみがえる名著。

目次

  • 序言
  • 喚求
  • 嬰児時代
  • 少年時代
  • 十六歳
  • マニ教に入る
  • 暗中摸索
  • 友情論
  • 美と適合論
  • 学業の進歩〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0962000X
  • ISBN
    • 406159091X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    359p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ