トインビーと宗教

書誌事項

トインビーと宗教

湯田豊著

北樹出版, 1993.7

増補版

タイトル読み

トインビー ト シュウキョウ

大学図書館所蔵 件 / 29

注記

発売 : 学文社

内容説明・目次

目次

  • 1 一歴史家の宗教観
  • 2 自己中心性(イスラエルと古代ローマ;ユダヤ教における選民思想;愛と自己犠牲の宗教—キリスト教と大乗仏教 ほか)
  • 3 究極的実在(高等宗教における共通の目標;菩薩、ブラフマン、およびアートマン;ヒンドュー教徒になったトインビー? ほか)
  • 4 若干の争点(人間の目的—神の讃美;キリスト教の起源とトインビーの見解;トインビーはクリスチャンか? ほか)
  • 5 最後の考察(ヴェロニカ夫人のトインビー観;暗中模索;『一歴史家の宗教観』について)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ